ブログトップ
kedi
kedi.exblog.jp
カテゴリ:about kilim & rag( 9 )
絨毯の房止め
a0002105_18555254.jpg

a0002105_18561627.jpg

キリムや絨毯を長く使っていると房止め部分が取れてしまう事があります。今日は房をコットン糸で止めていきました。 トルコで修復を習った時キリムや絨毯の房止めは一番最初に教えていただいたんですが1日中こればかりを1〜2週間はやった記憶があります。 それから小さな穴の修復に入り 最後は柄もなくなっているキリムに縦糸を入れて直す少し難しい修復の練習に入ったのですが お店が忙しいので房部分を毎日数枚は直してました。 大変でしたが今では楽しい思い出になっています。
修復中のキリム
。。。。。。。。。。。。。。。。。
広島ブログ
山口ブログ
[PR]
by kedichan | 2014-09-30 19:14 | about kilim & rag | Comments(0)
絨毯の洗い
a0002105_15542791.jpg

a0002105_16154019.gif

今年の夏 なかなか絨毯を洗うチャンスがなくて 今日私物の絨毯を1枚洗いました。そんなに大きな絨毯ではありませんが 水に濡れると重くなるので一人で洗うにはこのくらいのサイズが限界。。 酷い汚れはありませでしたので 水洗いして気になる部分だけ石鹸をスポンジに付けて泡立てブラッシングしてしっかり洗い流し タオルで水気を取り今ベランダで干しています。  気持ちがいいですよ。。
-----------------------------------------------------------
ダイエットのその後
2週間で1.5Kダイエット出来ています。 少し体力が落ちているので絨毯洗いはけっこう大変でした。。

広島ブログ
山口ブログ
[PR]
by kedichan | 2014-09-11 16:12 | about kilim & rag | Comments(0)
キリム干し
a0002105_15441343.jpg

今日も太陽が出ているのでキリムや絨毯をベランダに干しています。もう少し湿度がなかったら良いのですが こればかりは仕方ないですね。。西のベランダで夕方遅くまで日が入るのでキリムや絨毯には最適ですが 午後からはビーチのように暑くなるので私は大変ですが幸い風があるのと部屋が奥に長いのでなんとか暮らせてます。。 ほんとのところ。。南のベランダに憧れてます。。   

キリムや絨毯は時々 埃を落として干すと気持ちがよいですね。

PS 昨日ぎっくり腰になってしまい。。腰をいたわりながら なんとか動いています。数年に一度 ぎっくり腰になるのは運動不足ですね。。ご近所に買い物にも行けそうになく冷蔵庫が空になったら災害用に買っていた缶詰など食べるしかないと思ってます。。 

絨毯の手入れ
キリム干し

---------------------------------------------------------------------
広島ブログ
山口ブログ
[PR]
by kedichan | 2013-07-25 15:36 | about kilim & rag | Comments(0)
絨毯の洗い
a0002105_17283982.jpg

ほんとに暑い日が続いていますね。 今年も猛暑になるようです。梅雨明けからキリムや絨毯をベランダで干していますが 今日は絨毯を洗いました。ウール絨毯の場合中性洗剤かシャンプーを薄めて 柔らかめのブラシで洗い洗剤をしっかり落として  すばやく水気をタオルなどで取り干します。
絨毯を洗うのは大変ですが とっても気持ちがいいですね。
-----------------------------------------------------------------------

広島ブログ
山口ブログ
[PR]
by kedichan | 2013-07-11 18:18 | about kilim & rag | Comments(0)
wolf's Mouth ( 狼の口)
a0002105_219447.jpg

キリムの文様 wolf's Mouth (狼の口) 遊牧民にとって狼は大事な家畜達の大敵です。
羊を狼から守るために用いられた文様のひとつで邪視から身を守る魔除けの意味もあります。
----------------------------------------------------------------------------------------------
この間アンティークキリムの整理をしていて出てきたキリムです
ベランダで干しながら。。色とデザインがとても素敵なので 数枚写真を撮りました。
大きな箱に入れっぱなしにしていて ごめんなさいっていう気持ちになりました。トルコのキリムのデザインにはいろいろな意味があります。狼の口のデザインも地域や年代 織手によって違い、そしてかなりデフォルメされてるのも魅力のひとつですね。。
キリムの文様狼の口
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
kedi
広島ブログ
[PR]
by kedichan | 2012-09-12 21:14 | about kilim & rag | Comments(0)
hands on hips ( Elibelinde ) 2
a0002105_1564359.jpg

hands on hips ( Elibelinde )2

昨日写真を整理していて出て来た写真です。
(かなり前の写真ですのでこのキリムはもちろん手元にはありません)
エリベンデの文様は横にフリンジの別の柄が入る場合もありますが
このキリムのように同じモチーフが繫がったものがほとんどです。
シンプルで素敵ですね。

(写真は家具のなかみちさんです)
------------------------------------------------------------

最近のアルバム
kedi
広島ブログ
[PR]
by kedichan | 2012-03-24 15:24 | about kilim & rag | Comments(0)
hands on hips ( Elibelinde )
a0002105_1549395.jpg


hands on hips ( Elibelinde )
私の大好きなキリムの文様のひとつ エリベリンデです。
エリベリンデは母性と豊穣への祈りを表すキリムの文様で
女性が腰に手を当ている姿をモチーフにしたものです。
紀元前300年以上前アンカラ近くの村で見つかった女神像から来ていると言われています。産地や年代によって文様のデザインがかなり違うのも面白いですね。
娘がお嫁に行き子宝に恵まれ幸せになってほしいという願いが込められています。


------------------------------------------------------------

最近のアルバム
kedi
広島ブログ
[PR]
by kedichan | 2012-03-23 15:56 | about kilim & rag | Comments(0)
キリムの楽しみ方
a0002105_2322321.jpg

キリムを少しでも楽しんでもらいたいと
この間の展示会にキリムの端切れを用意しました。
端切れを使って バッグを作ったり 額にしたり
そのまま 古い家具などに敷いて使ったりして 楽しめますね。

この端切れはカイセリキリムのボーダー部分 花の文様です。

乾燥した大地で暮らす 遊牧民にとって 花は楽園を意味します。
子孫も繁栄して 幸せに暮らせる事が出来るようにという願いが込められています。 
そんな風にキリムを見るとまた違ってみえてきます。
織手の気持ちを想像する時 胸がいっぱいになることもあります。

古いキリムは自分たちの生活のために織られたものばかりです。
厳しい環境のなかで 家族が幸せになれるように願いが込められています。

この端切れは すぐに額にしたいと言われたので
いつもお願いしている 家具作家の松本さんにお願いして
作っていただきました。

とても素敵になって 私も嬉しくなってしまいました。


--------------------------------------------------------------

最近のアルバム
kedi
広島ブログ
[PR]
by kedichan | 2012-02-03 23:36 | about kilim & rag | Comments(0)
キリムの文様狼の口
a0002105_938249.jpg


これは狼の口という キリムの文様です。
遊牧生活のなかで大事な家畜(羊やヤギ)を狼から守る祈りが込められています。
トルコのキリムにはこの狼の口が織り込まれたものが多く
厳しい環境のなかでの遊牧生活にはなくてはならないものだと思います。
狼は遊牧民にとっては畏敬の象徴ですね。

それにしてもこのキリムの狼の口はとても可愛くて
ひとつひとつ デザインが違うのも魅力的です。

数日前にお嫁に行ったキリムですが
小さなミヒラブの左右に生命の木があり
狼の口や髪飾りが可愛くて
織りも細かく 素敵なキリムでした。


------------------------------------------------------------------

最近のアルバム
kedi
広島ブログ
[PR]
by kedichan | 2011-11-06 09:53 | about kilim & rag | Comments(0)