「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

kedi

kedi.exblog.jp

カテゴリ:my favorite( 55 )

あけましておめでとうございます

a0002105_11493493.jpg

あけましておめでとうございます
幸せいっぱいの1年でありますように

酉年ですね元旦そうそうのばたばたでスタートしてしまいましたが
ゆっくりコツコツ前に進みたいと思っています。

。。。。。。
元旦そうそう
文の助が大往生し
ばたばたでした。。もう1年くらい前から覚悟して生活していたので
さみしさはありますが。 明るく見送ることができました。。
お正月で妹の家族も来ていて賑やかななか お経もあげてもらい
よかった。。きっと さみしくなるのはこれからですね
 
元旦のばたばたは文の助が亡くなった事だけではなく 
その日の夜寝ようと思ったら私のベッドにまったくみたことのない
猫がぐっすり寝ていて。。びっくり。。私の悲鳴で逃げた猫は家具の後ろに隠れ
実家の猫2匹は興奮状態 マロンはすぐに諦め 写真のマーリーは
明け方まで威嚇。。。身動きが取れないノラ猫はへらへら状態
私はとうとう徹夜となりました。。それにしてもウチの母。。
文の助はお盆に飼ってくださいとやってきたけど
今度はお正月にもねっとにこやかでした。。

どんな年になるのかな 


[PR]
by kedichan | 2017-01-03 11:37 | my favorite | Comments(0)

琺瑯のマグカップ

a0002105_20434146.jpg

外で珈琲を飲むのにと琺瑯のマグカップを探していてみつけた 黒いツバメのマグカップ 新潟の燕市にある琺瑯メーカーが作ったもので ベースがステンレスで出来ています。普通は鉄 ステール製に錆止めを散布した後琺瑯をコーティングして作ってあるのですが ステンレスに直接琺瑯を塗布してあるので普通の琺瑯と比べると 薄くて軽いです。外用にと買ったのですが。普段にも使いたいですね。やっぱり職人さんが作った手作りのものはいいな。
[PR]
by kedichan | 2016-01-20 21:15 | my favorite | Comments(0)

碁石茶

a0002105_21572225.jpg

a0002105_2204095.jpg

a0002105_21575252.jpg

10月号JALの月刊誌アゴラに高知県大豊町の碁石茶が載っていたので早速注文して飲んでみました。後発酵茶で二段階に発酵 中国雲南省の酸茶がルーツらしいのです。普段から発酵茶 徳島の阿波番茶を飲んでいるので酸味のあるお茶は飲みなれてますが 碁石茶は二度発酵させているので味は違います。プアール茶を薄くして酸味がある感じでしょうか。。地元では茶粥にもされるそう。。ちょっと作ってみたいと思っているところです。植物性の乳酸菌が腸をきれいにし血液もサラサラになるそうですよ。腸は第二の脳と言われ消化だけの機能ではなく気分安定物質セロトニンのほとんどを腸が作っているとか 昔からある味噌や醤油 漬物など発酵食品は体にいいですね。私は災害後からお茶やお湯の残りをポットに入れて保存するようになりました。阿波番茶や碁石茶も1日分をポットに入れて飲んでいますが発酵がすすみ。。酸味が強くなり おいしいですよ。。
詳しくは菌が作るお茶の科学を読んでみてください。
菌が作るお茶の科学
[PR]
by kedichan | 2015-11-04 21:59 | my favorite | Comments(0)

レモンの木 kawaii

a0002105_21173182.jpg

a0002105_2118021.jpg

アボガドの木の下に植えたレモン  猛暑のなか すくすくと育ち 本葉が出て来たので 小さな鉢に植えてやりました。 レモンって寄せ接ぎをしないと実はなかなか出来ないそうです。 ヒリョウカラタチの木で寄せ木をすると枝が1年で1メートル以上育つとか。。鉢植えだとどうなるんだろうと 想像しています。
レモンは実をつけることより レモンの葉のサラダやお茶 香草焼きにしようと思ってます。それにしても レモンの葉ってかわいいですね。
1枚目の写真左は金柑。 金柑の方が緑が濃くて葉が丸いですね。
。。。。。。。。。。。。。。。。。
[PR]
by kedichan | 2015-08-09 21:49 | my favorite | Comments(2)

レモンの種から芽がでました

a0002105_16303539.jpg

a0002105_17581222.jpg

a0002105_1634497.jpg

a0002105_1872868.jpg

レモンの芽が出ました。2週間前 瀬戸内レモンの種をアボガドの鉢に植えたら芽が出ました。レモン色に近い黄緑色でまだやっと葉が見えるくらい。。早く本葉が出ないかな。。レモンは葉もレモンの香りがして精油も取れるとかハーブとして料理にも使えるので良いですね。金柑も小さな素鉢に本植えし パパイヤも日増しに大きくなってます。西のベランダで夏は植物がかわいそうなんだけれど なんとか育ってます。PS 西のベランダは真夏は暑いけれど夕焼けには癒されます。
。。。。。。。。。。。。。。。。。
広島ブログ
山口ブログ
[PR]
by kedichan | 2015-07-24 16:31 | my favorite | Comments(0)

金柑の芽が出ました

a0002105_209987.jpg

a0002105_2095992.jpg

金柑を食べた後の種をパパイヤの鉢に植えたら 芽が出てきました。 写真のパパイヤも食べた後の種を植えたら芽がでてきたので育てています。家に金柑の木があると家が栄えると言われている縁起ものらしいのでちょっと嬉しい気分。。 実が小さいのでたぶん鉢植えでも育てられるのではないかと調べたら 大丈夫でした。小さな実の果物は種から育てて盆栽にする方もいらっしゃるとか 私もやってみたくなっているところです。  
.......................................................................................

広島ブログ
山口ブログ
[PR]
by kedichan | 2015-07-11 20:19 | my favorite | Comments(2)

シール切手

a0002105_1812597.jpg

小さな小包にシール切手を貼ってちょっとした贈り物をしました。 貼るともっと可愛く見えますね。ちょっぴり幸せ気分になりました。

1ヶ月前のことです。実家に帰って倉庫の片付けをしていたら どこか見覚えのある小さなアタッシュケースが出てきてなかをみて びっくりしてしまいました。 十代から二十代の頃。。学生時代の友達や家族からの手紙が入っていたのです。 過去からのプレゼントのようです。 読むと懐かしさで胸がいっぱいになりました。 

広島ブログ
山口ブログ
[PR]
by kedichan | 2015-06-03 18:27 | my favorite | Comments(0)

国産棕櫚束子

a0002105_12444090.jpg

a0002105_12453128.jpg

国産棕櫚束子です。
たわしがあると便利だと分かっていたのですが狭いキッチンに置き場所がなくてずっと使ってなかったのですが この間6cmの丸いたわしを見つけました。棕櫚で出来ているので手触りがとっても気持ちがよくて体を洗うのに使う方もいらっしゃるそうです。ざるや鉄のフライパン 野菜など洗うのに使っています。昔から使われていた道具はほんとに便利で重宝しますね。 
。。。。。。。。。。。。。。。。。
広島ブログ
山口ブログ
[PR]
by kedichan | 2014-10-29 12:45 | my favorite | Comments(0)

パパイヤ

a0002105_2183034.jpg

今年の夏もパパイヤを食べた後の種を植えたら芽が出ました。  種も小さいので最初はほんとに小さな丸い双葉が出て 本葉は♡型をしています。 (葉っぱの形の違うパパイヤもあるようです。。)実がなるとは思っていませんが 観葉植物として楽しみたいと思います。

パパイヤの植え方 。。。 種の周りに付いている皮膜を取り 洗って乾かします。 部屋のなかでもいいですので日陰で1日程度 。。 その後 観葉植物の土を入れた鉢に植えると 芽が出て来ます。数個植えないと全部は発芽しません。。芽がでると 嬉しくなりますね。 家はアボガドの木も元気に育っています。  
。。。。。。。。。。。。。。。。。
広島ブログ
山口ブログ
[PR]
by kedichan | 2014-10-04 21:37 | my favorite | Comments(0)

コスモス (cosmos)

a0002105_22592959.jpg

コスモスは学名もコスモスなんですね。語源はギリシャ語のkosmos 秩序 調和から来ているそうです。
自然のなかのコスモスの花は可憐できれいです。
この季節実家に帰ると 毎年のようにご近所の方からコスモスの花をいただきます。 小さい頃すぐ近くに広いコスモス畑があって その真ん中に入って基地を作り ままごと遊びをしていた記憶があります。 ほんとに楽しかった思い出のひとつです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。
広島ブログ
山口ブログ
[PR]
by kedichan | 2014-09-20 23:21 | my favorite | Comments(0)